感謝の気持ちを大切に!伝える方法にこだわって!

0

日頃から感謝の言葉は伝えているでしょうか?
単純に「ありがとう」としか伝えてない方も多いはずです。
大切な人への感謝だからこそ、伝え方にこだわってみましょう。
ここでは、上手な感謝の伝え方をご紹介していきます。

■感謝を伝えることは愛され上手

日常生活で受ける親切に対して、誰もが「ありがとう」と感謝の言葉を伝えます。
ただ感謝の気持ちを伝えれば終わりと思う方もいますが、これは気持ちを示す基本でしかありません。

愛され上手になるためには、少しプラスのお礼で伝えることが大切です。
例えば、友人からお土産をもらって感謝の言葉を告げる時、単純に「ありがとう」という言葉をもらった時よりも、「この前、貰ったお菓子美味しかったよ。ありがとう」と言葉をプラスすると嬉しさが倍増しませんか?
また、お礼を言った相手の印象もより良く見えます。
ただのお礼だとは思わず、相手を喜ばせる工夫も感謝の気持ちを伝える上で大切だと言えるでしょう。

■感謝を伝えるポイント

・メールや電話でのお礼は早めに
離れた位置にいる相手へお礼を言う場合は、メールや電話でなるべく早めにお礼を伝えましょう。
また、お家へお邪魔した時や食事をごちそうしてもらった場合は、その場だけではなく、改めてメールなどで一言添えるのも有効です。

・メッセージカードやプチギフト
改めて感謝したい場合は、手書きのメッセージカードや日持ちするお菓子や日常品などプチギフトを添えてみると良いでしょう。
小さな心遣いでも、相手は喜んでくれるはずです。

Share.

About Author

Leave A Reply