投資信託って結局なに?人に聞けない基礎知識

0

投資信託とは資金を他の人に預け、運用してもらうことで利益を得る手法の一つです。投資の運用を任せることで、自分が管理する手間を省くことができます。手数料が引かれるものの、大きな利益が出せることがあるのも魅力になっています。

■投資内容を人に任せるのが投資信託

投資信託は投資の手法の一つで、投資する対象の選定や運用を任せてしまう方法です。お金を出してそのリターンのみを受け取る形であり、知識がなくてもはじめられるのが特徴です。一方で、元本割れのリスクもあります。

ポイントになるのは、投資信託の中でもそれぞれに専門的な知識を持つ人材や、投資プランが存在することです。一つの対象に集中投資すればあまりにも波が大きくなるため、複数の資産に分散投資し、セット商品としてまとめられているのです。

リスクとリターンのバランスを考えられた金融商品が多いため、自分で選ぶことが大切になっています。

■銀行や証券会社に相談する方法もある

投資信託は気軽にはじめられるのが特徴で、小額から購入できるものもあります。一方で投資対象が多すぎることから混乱してしまうこともあります。わからない場合は銀行や証券会社に相談し、おすすめを聞くのが早道です。金融機関の方針によってすすめられるプランもかわるため、比較してみるのも方法です。

大切なのは、しっかりと勉強をしなければリスクのコントロールが難しくなることです。任せきりにすることもできますが、運用の実態などはしっかりチェックする必要があります。想定以上に価値が落ち込むこともあるためです。

元本割れのリスクもあるため、貯金の一部などを投資信託に回すのが基本です。年間の利回りが数%を越えることもあるため、複数の投資を平行し、平均して利益が出ればいいと考える人が多いのです。

Share.

About Author

Leave A Reply