わかりやすい投資信託も!親しみやすさも選択肢に

0

投資信託は非常にバリエーションが多く、何を選んでいいか迷いがちです。金利やリスクと言われても実感がわかない場合もあるため、親しみやすさで選ぶのも方法です。国内の中小企業を応援するような投資信託も存在するからです。

■親しみがわかないと勉強が辛くなる

投資信託の欠点の一つが親しみのわきにくさです。お金がかかっている分親権になれる人もいますが、中身にまで興味が持てるかは別の話です。中身に興味がわかないと勉強する気が起こらず、どうしても無関心になりがちになります。無関心になった結果として放置され、気がつくと元本われしているケースも存在するのです。

そのため、親しみを重視して投資信託を選ぶのも方法です。たとえば、中小企業の社債などを扱う投資信託も存在するからです。地域の応援をかねて利用することも出来るため、一気に親しみがわきやすくなります。

■途上国やリゾート地への投資もある

投資信託と言っても、国外に投資するものも多くなっています。日本で急速に成長が見込まれる分野は少なく、外国に投資した方がリターンが大きくなる場合もあるからです。

アフリカなどの途上国支援や、リゾート開発など様々なバリエーションがあるのも投資信託の魅力です。海外IT企業への投資などを何らかの形で含むなど、セットのうちの一部として組み込んでいることも多いのです。

憧れの企業に投資することも、途上国のインフラ整備などに投資することも可能です。調べ方や切り口を変えるだけでも投資へのモチベーションが大きく変わるのです。

どの用にお金が使われているかも関心がわきやすくなるため、勉強のために小額から始めるのも方法になっています。

Share.

About Author

Leave A Reply