これが現代の親孝行のカタチ

0

産んでくれた、育ててくれた親に親孝行はできていますか?
「便りがないのはよい便り」とも言いますが、親にとっては連絡がないことは心配の種です。
そこで、今の若者がどういった形で親孝行をしているのか、ご紹介していきます。

■連絡手段をプレゼント
親との連絡手段としてスマートフォンやタブレットを送る若者も増えています。
若者の多くはSNSをしているので、親とも気軽にコミュニケーションを取れるツールとして人気なのです。

親としても、機械音痴であったとしても子供に教えてもらうことで扱うことができ、ちょっとした報告や相談もすぐにできるので、もらって嬉しいと感じる人も多いようです。

■ちょっとしたギフトを送る
親の世代では、季節の節目や行事などギフトを贈り合うことが当たり前のように行われていました。
最近では子供が親にギフトを送ることが多く、親としても「しっかりと成長してくれた」という判断材料になり、安心を手に入れることができるのです。
人気のギフトとしては、体に優しいオーガニックオイルや調味料、新鮮な野菜を使用したスイーツなど、親の健康を考えた商品が人気となっています。
また、行ったことのない地方名産ギフトも喜ばれています。

Share.

About Author

Leave A Reply