株を売買できない企業もある。非上場企業とは

0

株式市場において、全ての企業の株を売買できるわけではないことに注意が必要です。これは非上場企業は株式を公開しておらず、流通していないためです。

■株式を公開することが上場

株式会社であっても、株が一般に流通しているは限らないのがポイントです。株の取引が出来るように証券取引所に申請し、受理されれば上場企業になります。上場企業になれば証券会社を通して株を売買できるようになります。

ただし、上場には様々な条件を満たす必要があります。定期的に決算内容を公開する義務なども発生するため、上場を目指さない株式会社も存在するのです。

■経営を守るために非上場を選ぶ企業も

経営の権利を守るために非上場を選ぶ企業も存在します。株を一定割合以上で保有すれば様々な形で経営に干渉することができます。独自の経営を守るためには株を手放さない方が良い場合もあるのです。大手企業でも非上場企業は存在します。

ありとあらゆる企業の株式を買えるわけではないため、株を買う場合は自分が選択できる範囲で選ぶ必要があります。株価も期待できるリターンの割合も異なるため、自分のスケールに合わせて選ぶのが基本です。また、大企業だから株主へのリターンが大きいとは限らないのもポイントになります。

Share.

About Author

Leave A Reply