未来を見通す力があれば、ビジネスチャンスはいくらでも転がっている?

0

人間にとってまだ訪れていない将来を予想することは非常に難しいものです。
しかし、少しでも未来を見通す力があればチャンスの幅は広がることでしょう。
ビジネスにおいてもこの「見通す力」は非常に重要なポイントとなります。
未来の社会はどのように予測できるのでしょうか?

 

■どのように社会が成長していくか

例えば現在10歳の子どもは、10年後には20歳の成人なります。
当然のことですが、20年後に20歳を迎える人は、今誕生しなければなりません。
現在10歳の子どもがどのくらいいるか、その人たちがどのくらい人口を占めているかは把握できることです。

未来の社会においても、ある程度将来について見通しが立てられるようになると果たすべき役割が見えてくることでしょう。

 

■他と比較することで見通しが立てられる

現在の日本においては、今後の課題として「少子高齢化」が大きくとりあげられます。
これに対し国や企業が行っている対策は、コンビニ業界の労働力を確保したり、高齢者や外国人などを人材活用する流れが進んでいます。
若年層の人口減少が減っていくことに対して、どのような手を打っていく必要があるか現在と過去と比較することで対処できるチャンスにつながっていくでしょう。

 

Share.

About Author

Leave A Reply