レゲエミュージックの歴史

0

日本でも人気の「レゲエミュージック」ですが、その歴史を知っている人は少ないでしょう。
そこで、レゲエミュージックの特徴や歴史などを紹介していきます。

■レゲエミュージックの歴史とは?

アフリカ系民族によって誕生したレゲエミュージックは1962年、政治や経済で混乱していた時代に作られた音楽で、民衆の不満を歌や音楽で表現することで誕生したと言われています。


特徴的な音楽が人気となり、日本でも人気となっていったのです。
レッドスパイダーやHAN-KUN、九州男などが有名となっています。

■レゲエミュージックの語源とは?

レゲエの由来にはいくつかの諸説があるので紹介していきます。

①「レゲッレゲッ」と聞こえる音楽をオルガンとギターを使って奏でることでレゲエと呼ばれるようになったという説があります。
音楽プロデューサーのバニー・リーが名づけたと言われています。

②ジャマイカ人でもあるボブ・マーリーは、スペイン語で「王の音楽」を意味するからレゲエと呼ばれていると言っています。

③ジャマイカでは、口喧嘩や口論のことを「レゲレゲ」という言葉で表現し、その言葉が転じたことでレゲエと呼ばれるようになったという諸説もあります。

この他にも様々な諸説がありますが、本当のレゲエの由来は未だにわかっていません。

Share.

About Author

Leave A Reply