株の価格はそれぞれ。中には数百円で買えるものも

0

株を購入する際にどの程度のお金が必要か悩む人もいます。実は数百円単位で投資が可能なケースもあり、単元未満株を購入すれば更に安価にはじめられます。ただし、大手企業は最低購入額が高いことも良くあるのです。

■株の価格は株の発行数に左右される

株の価格は企業によって大きく違い、企業の規模だけでなく株の発行数によって左右されます。株を発行すれば発行するほど1株あたりの価値は低下します。大企業であっても株を大量に発行していれば値段が安くなるのです。逆に、小さな企業であっても株の発行数が少なければ高額になる場合もあります。

通常株は100株単位で購入するため、数千円から、数万円、中には数十万円、数百万円出さなければ買えないものもあります。ただし、単元未満株といい、1株単位で扱っている証券会社もあるため、どうしても欲しい株がある場合は予算と相談しながら購入するのがおすすめです。

■安い株には理由がある

安価で購入できる株もありますが、安価であるのには理由があります。経営が不安定であったり、赤字続きであったり、収益を上げられていないことが多いのです。中には経営危機を乗り切るためにかなりの株を発行し、黒字になってからも株数が多すぎて価格が上がらないものもあります。

配当がもらえない株も多いため、安易に購入するのは危険なのです。

Share.

About Author

Leave A Reply