冠婚葬祭の服装マナーの心得

0

冠婚葬祭があるとつい迷ってしまうのが服装です。
特に結婚式に出席する際、結婚式を開催する人と自分の立場によって若干服装も変わってきます。
今回は服装マナーの心得をご紹介しましょう。

■結婚式には何色の服を着ていくべき?

結婚式に着ていく服装の色に悩んでしまう方は多いかと思います。
色としては白と黒を避け、あまり派手にならないような色合いの服装がベストと言えるでしょう。
なぜ白と黒がいけないのかというと、白は花嫁が着るウェディングドレス連想させてしまい、黒は哀悼の意味合いが強いためです。

近年、ブラックフォーマルで結婚式に出席される方もいらっしゃいますが、基本的にはあまりマナーが良いことではないので注意しましょう。
ただし、どうしても黒しかないという場合は、華やかなアクセサリーを身につけたり、ベルトの色を明るくするなどドレスアップさせる必要があります。

■ヘアスタイルも服装マナーの一つとして考える

服装に合わせたヘアスタイルをすることも大切です。
大人で上品なドレスを着ていても、ヘアスタイルがカジュアルだとせっかくのドレスも台無しになってしまいます。
なるべくアップスタイルを基準に、下ろしたいのであればワンレングスやカールを上品なものにするといったヘアスタイルにするようにしましょう。

Share.

About Author

Leave A Reply