株で利益を得たいなら、分散投資を覚えることが重要

0

株で利益を得たい場合は、分散投資を覚えることが大切になります。一つの企業や業界に集中して投資すると、利益が出るときと出ないときの波が激しくなります。ギャンブル性が高くなるため、リスクを分散した方が良いのです。

■ある程度資産を散らした方がプラスになりやすい

株で利益を得たいのであれば、成長株と配当用の株など、複数の種類を持って分散投資を行うのが基本になります。成長株は配当が出ない代わりに、経営が波に乗れば数倍、数十倍の株価になることがあります。配当用の株は成長性が低い代わりに配当で安定して収入を得ることができます

双方でバランスをとっておけば、どちらかが駄目になっても利益を得ることができます。株で損をする人はバランスを誤ってしまっている場合が多いのです。

■投資する企業や業界も分散を

株で投資する企業や業界を分散することも大切です。製造業であれば原材料価格の高騰、サービス業であれば法改正などで業界が大ダメージを受けることがあるからです。逆に、成長の波に乗れることもあります。一つの業界や企業に集中していると変化の影響を受けやすいのです。

複数の株に投資すれば、どれか一つの株価が大幅に上がれば他の損失をカバーできることもあります。リスクを小さくし、リターンを得る確率を上げるのが投資の基本になります。

Share.

About Author

Leave A Reply