得た情報は、自分の中でうまく「編集」するとGOOD!

0

人前で説明することが上手い人と下手な人の大きな違いは、「情報を編集する力」です。
目的によって自分の持つ情報を精査し、簡潔に伝えるという能力は、ビジネス面で非常に高く評価されます。

反対に逆に人に説明するのが苦手という人は、自分の持つ情報量が少ない・情報を分かりやすく整理できないという傾向にあります。

■情報の編集力の磨き方

編集は、
①情報収集
②情報の整理・取捨選択
③情報の再構成
の3つのステップによって成り立っています。
それぞれのステップで重要なことな何なのでしょうか?

①情報収集
情報収集する際は、制限を設けずにどんどん吸収していった方がお得です。
これくらいで大丈夫、と思っていると本当に重要なデータに目が通らないことが多いので、余計な制限をせずに情報を集めましょう。

②情報の整理・取捨選択
ここで注意して欲しいのは、余計な情報は上手く捨てるということです。
せっかく手に入れた情報を捨ててしまうのは心苦しいかもしれませんが、そうしないと本当に必要な情報を精査することが出来ません

③情報の再構成
情報を再構成する際はその話をどう聞かせたいのか、どうしたら理解して貰えるのかという事に要点を置いて構成してみましょう。

 

編集力はビジネス以外でも必要な力です。
この力を磨くことは、人生にとってとてもプラスなことなのです。

Share.

About Author

Leave A Reply