信用取引はリスクを伴う。中には借金を背負う人も

0

一般的な取引の場合、株で損をしても資産がゼロになるだけです。倒産で会社がなくなっても株の価値がなくなるだけだからです。しかし、信用取引の場合は決済が未来日になるため、大きな借金を背負う可能性もあります。

■決済を未来日にずらすのが信用取引

株式の信用取引は先物取引と似た部分があります。これは未来の株価を予測して投資をする方法で、決済日が未来になるからです。元手がなくても大きな取引ができ、莫大な利益を得られる可能性があります。逆に莫大な借金を背負う可能性もあり、人によっては身を持ち崩す原因となるのです。

事前に必要な知識が多いため、安易に手を出さないのが鉄則になります。

■株を貸すことで利益を得る方法も

信用取引の仕組みを利用し、安全に利益を得る人もいます。その方法の一つが貸し株です。信用取引は未来の株価を予測し、他人の株やお金を借りて取引を行います。そのため、株を貸した人にはレンタル料が支払われるのです。

一般的には証券会社が保有する株から優先してレンタルされますが、まれに株が足りなくなる場合があります。株を大量に購入し、配当金収入以外にもレンタル費用でお金を稼ぐ人もいるのです。リスクをなるべく避けたいのであれば検討してみる価値はあります。

Share.

About Author

Leave A Reply