ゴスぺル音楽の発祥の地は?歴史は深いの?

0

楽器をほとんど使うことなく、歌唱で音楽を表現するゴスペルは、テレビなどでも良く見かける音楽ジャンルです。
ゴスペルの歴史は深く、ロックやジャズ、ソウルミュージックなどの派生にも関わりがあります。
それでは、ゴスペルの歴史をみてみましょう。

■ゴスペルはどこで誕生した?

ゴスペルには「福音」という意味があり、礼拝や集会で歌う神を称えるための音楽です。
ゴスペルは16世紀から17世紀あたりには存在したと言われています。
当時はヨーロッパから武器や雑貨の品をアフリカに輸送し、品の交換としてアフリカ人をアメリカに送り、そしてアメリカから農産物をヨーロッパに送る貿易がされていました。


アメリカに連れてこられたアフリカ人は言語や宗教などを奪われ、苦しい生活の中、ゴスペルを通じてイエス・キリストを更新するようになったのです。
1930年代を迎えると黒人教会でのブラックゴスペル、白人クリスチャンのアーティストによるホワイトゴスペルの2つが誕生しました。
現在ではブラックゴスペルがゴスペルという認識になっています。

■ゴスペルは種類がいっぱいある

ゴスペルと一口に言っても、様々な種類のソングがあります。
クラップが特徴的なブレイズソング、優雅な曲調なワークシップソング、聖書のような歌詞のインスピレーショナルソングなど、曲調や歌詞の意味合いなどに応じて分かれているようです。

Share.

About Author

Leave A Reply