ヘアカラー剤の種類と特徴を再確認!

0

髪の毛は一番みられやすい部分で、色や髪型を変える事でその人の印象がガラリと変わります。
美容室に行く時間がないという場合、カラー剤を購入して自宅でなんて事もあります。

一般的に、ヘアカラーとブリーチの2種類に分かれていますが、実は染まり方や使用方法でもっと部類されます。
ヘアーカラー剤の種類とそれぞれの特徴を紹介します。

■カラーリングの種類は4つ

・半永久染毛料
これは一般的に、ヘアマニキュアやカラートリートメントの事を言います。
アレルギーを持っている人でも安心して利用できますが、3週間程度で効果が薄れていきます。

・一時染毛料
これは、顔料を使い一時的に髪の毛が染まるといったものです。
ヘアマスカラやヘアカラースプレーなどが当てはまります。髪の毛内部に浸透させるのではなく、外部に付けるものですので、簡単に落とす事ができます。

・脱色剤
脱色は俗にブリーチと言われているものです。
髪の毛の色素自体を抜くので、全体的に明るい色になります。
脱色剤は、メラニンの分解する働きがあります。

・脱染剤
脱色剤を同じですが、脱染剤は酸化染料で色を抜いていくものです。

このように、ヘアカラー剤は様々な種類がありますので目的によって使い分けをするようにしましょう。

Share.

About Author

Leave A Reply