自分の居場所を沢山作ることでリクスヘッジになる?

0

近年は様々なものが多様化しており、仕事やライフスタイルも多様化が進んでいます。
そこで、増加している考え方が、複数の住まいを所持する「多拠点居住」です。
自分の居場所を複数持つことでヘッジリスクになると聞きますが、それはなぜなのでしょうか。

■仕事や家を複数持つことでのヘッジリスク

最近は複数の仕事を行うパラレルワークも注目されており、さらに複数の家を持つ多拠点居住を試す人が増えています。
複数の仕事や家を持つことは生活が慌ただしくなりデメリットも多いと思われますが、ヘッジリスクになるとも言われているのです。
近年は地震や水害、土砂崩れなど自然災害での被害が拡大している日本ですが、複数の家を所持すると1つの家がダメになってしまっても、もう1つの家で暮らせば問題がないという安心感があります。
さらに、離れた土地を行きすることは様々な方向から刺激が与えられ、創造力も豊かになるでしょう。

最近は在宅ワークを認めている企業も多く、無料通話アプリやチャット機能なども高性能となっているので、コストを抑えつつ、複数の仕事を平行して行えます。

■理想論で終わらせないためには

現実的に多拠点居住を行うと費用がかなり掛かります。
ですが、それは家ではなくシュアオフィスを借りるなどをすれば、比較的に低価で多拠点居住を実現できるでしょう。
多拠点居住を成功させるには、負担への配慮が最も大切と言えます。

Share.

About Author

Leave A Reply