CDの収録時間が74分42秒なのはなぜ?

0

近年スマートフォンなどから聞くことが普通になっていて、CDを購入して聞くという人も少なくなってきました。
しかし、それでもCDが好きで購入を続けている人はいます。
そんなCDですが、実は収録時間の限界が74分42秒だということを知っていましたか?
なぜ70分でも75分でもなく、キリの悪い74分42秒なのでしょう?

■キリが悪くなったのはベートーヴェンが影響している?

世界で初めてCDが発売されたのは、1982年の頃でした。
CDを一緒に開発していたのはPHILIPSとSONYだったのですが、開発段階でPHILIPS側はCDの直径をカセットテープのサイズに合わせて11.5cmにしたいと考えていました。
しかしSONY側は75分間録音できるように12cmにしたいと考えていたのです。


SONYが75分にしたかったのは、ベートーヴェンの第九が入るようにしたかったからだと言われています。
第九の中で一番長く演奏されていたのが、74分28秒でした。
結局、話し合いの結果第九が途切れずに入る長さとして、74分42秒となり、大きさも12cmになったのです。

■多くのクラシックはCD1枚で聞ける

SONY側の意見が通ったことで、CD1枚で聞けるクラシック曲は全体の95%にすることができました。
それ以上になってしまう曲もありますが、CDの収録時間が74分42秒のおかげで、1曲をそのまま途切れさせずに聞くことができるようになったのです。

Share.

About Author

Leave A Reply