絶対音感を持っている人は本当に存在するの?

0

よく、絶対音感を持っていてどんな音でも音階がすぐに言えるという人がいます。
それはすごい才能ではありますが、本当に絶対音感を持っている人は存在するのでしょうか?

■絶対音感とは

そもそも絶対音感は、突然「この音は?」と言われた時にすぐに言い当てることができる能力の持ち主を指します。
例えばピアノで音を鳴らし、その音を当てるというだけでなく、例えば何かがぶつかった音や引っ掻いたような音など、身近に溢れている音全てを音階で認識することができます。

■絶対音感を持っている人はどれくらい存在するのか?

絶対音感を持っている人は、1%以下しかいないと言われています。
割合はかなり少ないですが、実は才能で生まれた頃から身についているというものではありません。


6歳までに音楽の訓練をしたかどうかで身につくことができる能力なのです。
つまり、絶対音感が欲しいという人は6歳までに音楽訓練を実施しないと身につかないということになります。
中には自然と身についたと感じる方もいますが、それは自然と音感が訓練されていたことで、身についたのでしょう。
このように、絶対音感を持っている人は本当に存在しますが、割合としてはかなり低いという結果になりました。

Share.

About Author

Leave A Reply