体に良い油を摂ろう!オススメの油5選

0

油のイメージは?と聞かれると、「摂り過ぎてしまうと太りそう」「体に悪そう」と答える人は多いのではないでしょうか?
確かに摂り過ぎは肥満になったり、病気になってしまう可能性を高めてしまいますが、あまり控え過ぎても肌が乾燥したり、免疫力が低下してしまうなどのリスクも出てきます。
油には様々な種類があるので、ここでは健康を維持するための5つの油をご紹介していきます。

 

■生活習慣病を予防するには?

①エゴマ油
エゴマは、シソ科の植物で「ごま」とは全く別物になります。
オメガ3脂肪酸が60%程度も含まれており、商品によって香りや色が違います。
このオメガ3系の脂肪は、体内では合成できません。
必須脂肪酸と言われるオメガ3系を摂取することで食生活のバランスを補うことができます。

②アマニ油
亜麻科の植物の種子で、オメガ3脂肪酸がエゴマ同様に約60%も含まれています。

 

■栄養たっぷりで脂肪がつきにくい油

③ココナッツオイル
鎖脂肪酸といわれる代表的な油がココナッツオイルです。
分解・燃焼が即座に行われてエネルギーとして使われます。

④アボガドオイル
アボガドの実を絞って作られた油で、高い抗酸化効果があります。

⑤アルガンオイル
アカテツ科のアルガンの種子から摂取されるオメガ9系の油です。

 

Share.

About Author

Leave A Reply