カフェインの摂り過ぎは良くない!依存症チェックで脱カフェイン

0

日常的にコーヒーを良く飲む方もいらっしゃると思います。
コーヒーに含まれるカフェインという成分が脳を活発にしたり、尿の排出を促進してくれるなど様々な効果を与えてくれます。
しかし、このカフェインには中毒性がありますので、飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。
今回はチェックシートを確認しながら、自分がカフェイン中毒に陥っていないかを確かめてみましょう。

■カフェインチェックシート

長い時間カフェインを摂取しないと、以下のような症状が現れるという人はカフェイン中毒に陥っている可能性が高いです。
①頭が痛くなる
②だるさを感じる
③頭がぼーっとする
④気分が沈む
⑤吐き気が起こる
⑥集中力が散漫になる
⑦眠気に襲われる
これらの症状が1つでも当てまはってしまうと、カフェイン中毒であると言えます。

■脱カフェイン!

今はノンカフェインのコーヒーやお茶が販売されています。
同じ風味を楽しみながらもカフェインだけをカットできるので、ノンカフェイン飲料を飲んで脱カフェインしてみましょう。
ノンカフェイン飲料の例
・カフェインレスコーヒー(デカフェ)
・そば茶、黒豆茶、コーン茶、むぎ茶などの茶葉を使わないお茶
・ハーブティー
・たんぽぽコーヒー

カフェイン中毒までいかなくても、コーヒーの飲み過ぎは体に良くありません。
飲む量を守って楽しいコーヒータイムを過ごしましょう。

Share.

About Author

Leave A Reply