購入した債権は売買可能!小回りが利くのもポイントに

0

債権はただ購入するだけでなく、売却も可能です。期限日まで所持していれば規定の利息を受け取ることができますが、市場での価値は日々変化しています。債権自体の価値が上がった場合は早めに手放すなど工夫をすることも可能なのです。

■債権は常に需要があるため相場もある

債権は期日までもっておけば、利息を含めてお金を受け取ることができます。債権を欲しいという人は常に存在し、債権自体の取引が可能なため相場が作られています。ただもっているだけでなく、債券の売買で利益を得ている人もいるのです。

特に外国債は外貨建てで購入するのが一般的です。為替差で価値の変動が生じやすく、売買益を得る人や、リスクを減らすために売却してしまう人もいるのです。

■利子がいつ支払われるかをチェック

国内外の債券を購入する場合は、利息の確定日をチェックするのがおすすめです。証券会社や銀行で債券を購入した場合は、権利確定日に保有期間に応じて支払いが行われることが多いからです。

保有期間が短くても、期間に合わせた利息を得られるケースがあります。いつ権利が発生し、いつ支払われるかは重要なポイントなのです。長期保有の場合はあまり神経質になる必要はありませんが、短期売買を視野に入れる場合はチェックしておかないと利息を受け取り損ねることになりかねないのです。

Share.

About Author

Leave A Reply