新しく選択肢が広がった確定拠出年金とは

0

確定拠出年金は、積み立てたお金を運用し、年金として受け取れる制度です。積み立てに利用したお金を全額税控除の対象にできるなど節税への貢献度が大きく、加入対象が拡大されたことから注目を集めています。

■一部の人しか入れなかった確定拠出年金

確定拠出年金は、毎月お金を積み立て、そのお金を運用し年金にする手法の一つです。主に企業などが社員のための福利厚生の一環として提供するケースが多く、加入できる人が限られていました。

しかし、2017年1月より加入できる人が大幅に拡大され、銀行などを経由して公務員や、自社に確定拠出年金制度がない会社員、主婦や主夫など加入できるようになったのです。

積み立てに使用したお金は全額税控除に利用できるなど、税制のメリットが大きいのも特徴になっています。

■運用は自分で行う必要がある

注意したいのは確定拠出年金の運用は自分で行う必要があると言うことです。指定の金融商品の中から自分にあったものを選び、必要に応じて切り替えていく必要があります。運用に失敗すれば元本割れのリスクもあります。

安全確実にお金を増やす手段はなくなっているため、どの程度リスクを受け入れられるかが重要になります。何もしなければ年金が不足し、更に生活が苦しくなる恐れもあるからです。

Share.

About Author

Leave A Reply