映画の原題と邦題が違うのはなぜ?

0

洋画が日本で公開される場合、もしくは邦画が海外で公開される場合、それぞれのタイトルが少し異なるケースはよくみられます。
邦題が映画内容と一致しない批判が相次ぎ、タイトルを変更した映画もあるのです。
なぜ原題どおりにタイトルが設定されないのでしょうか。
今回は原題と邦題の違いについてご紹介します。

■原題と邦題が違うのはなぜ?

映画のタイトルは内容をストレートにあらわしたものから、抽象的で映画を見てから納得できるものなど様々です。
洋画の場合は英語タイトルとなるので、日本人には伝わりにくい表現となってしまうこともあります。


なので、サブタイトルを設定したり、原題とは違ったワードを入れたりして内容が分かりやすいタイトルにしているのです。
ほとんどの映画は内容にマッチし、新しい解釈を生みだすこともあるのですが、邦題の中には内容と不一致なものも少なからずあります。

■事実誤認、ブームにあやかる邦題

映画の内容に当てはまらない邦題がつけられていることもあります。
例えば、スウェーデンの吸血鬼映画では「ぼくのエリ 200歳の少女」という邦題となっていましたが、サブタイトルが内容と適していないと批判が殺到したのです。
また、男子高校生の友情を描くコメディ映画「ナポレオン・ダイナマイト」は、当時流行していた「電車男」にあやかり、「バス男」の邦題をつけられて原題に改題された事例もあります。

Share.

About Author

Leave A Reply