生産力を上げるためには、仕事の進め方をクリアにする必要がある

0

日本人は長時間労働をしている割に、仕事の効率が悪いと言われています。
仕事の効率を上げ生産性をアップさせるためには、
・チークワークを強化すること
・仕事のプロセスを見直す必要
の2つのポイントをクリアしましょう。

■達成までのプロセスを明確にする

仕事のはじまりから終わりまでの工程をチームの全員で把握しておくことは非常に重要です。
このプロセスを取り入れれば、もし作業が遅れていても、「どの段階で」・「どのくらい遅れているのか」という事を把握しやすく、早期に解決に取り組むことが可能です。
こうして、仕事の家庭を「可視化」することで、余計なムダを省き、生産性を向上できます。
またチーム内で「その作業に時間がかかり過ぎている」・「もっと簡単な方法はないのか」と提案しやすい環境を作る事も必要です。

流れに全てを任せて作業しているだけでは、人がいくらいても生産性の向上には繋がりません。
大切なのは、皆で協力して生産性を高めることです。
その為には、アイディアを発言しやすい環境を作る必要があります。

■リスト化で自分の生産性をアップ

頭の中で仕事の段取りを組む人もいますが、1度頭の中の物をリストアップすることも重要です。
リスト化する際は、
・仕事の重要度
・納期
・所要時間
を個別に明記することで、頭の中で考えている以上に綿密なスケジュールを組むことが可能になります。

Share.

About Author

Leave A Reply