CDが売れない時代にライブに行く若者たち

0

近年では「CDの売れ行きが悪くなった」ということをよく耳にしますが、フェスやライブに行く若者は年々増えていっているようです。
そもそも音楽を聴くツールはCD以外にもあるため、CDが売れないことは理解できるでしょう。
では、CDが売れない時代にライブに行く若者が増えているのはなぜでしょうか?

■リアルな空間を共有するため

ライブやフェスでは、聞きたいアーティストや歌手が唄っている曲を生で観ること・聞くことができます。
観客も一緒に主役になることができるのは、ライブに行かなければ味わうことのない感動です。


また「自分はこんなに楽しい場所にいるんだ」ということを多くの人たちにシェアして、映像を共有するという目的もあります。

■動画視聴でよりリアルな体験を求めるように

現在はインターネットの普及により、視聴者はリアルな動画や音楽を求めるようになりました。
素晴らしいライブ会場の演奏を見て感動し、SNSなどを通じて多くの人と共感することを自然に取り入れている時代です。
これによって、自分も本物を確かめたい、その場に行きたいという意欲がかきたてられることによって、ライブ会場に足を運ぶ人が多くなってきていると言えるでしょう。

 

Share.

About Author

Leave A Reply