高額返礼品は規制の方向に。ふるさと納税は3割程度の還元が目安

0

豪華な返礼品などで話題になったふるさと納税ですが、返礼品の高級化などに伴い規制が進むことになりました。これは過剰な競争で本来の趣旨を外れた納税が目立ったからです。しかし、節税効果はかわらないため、十分に吟味することが重要です。

■競争が激しすぎたふるさと納税

ふるさと納税は返礼品の豪華さなどで有名になった自治体があった一方で、大きな赤字を抱えた自治体もあります。明暗がくっきりと分かれただけでなく、競争が激しすぎることが批判を招きました。そのため総務省から自治体に通達が送られ、返答品は納税額の3割程度に抑えることになったのです。

還元率ではなく純粋に地域の特産品を選ぶことが重要になったため、人によっては認識を改める必要があるのです。

■節税効果はかわらないのがポイント

返礼品の豪華さはかわっても、節税効果はかわらないのがポイントです。むしろ返礼品の価格が抑えられる分、自治体への寄付額は大きくなります。純粋に応援したい気持ちや品物の良さで選べる環境が出来てるのです。

また、給与収入を得ている人は、事前に申請すれば自動で税控除が計算される制度も整えられました。ただし、自治体への申請が必要になるため、しっかりと手順を確認することが大切になります。

Share.

About Author

Leave A Reply