なりたい髪別!ヘアカラー剤の選び方!

0

ヘアカラー剤を使用することで、髪へのダメージは少なからずあると言われています。
自分の髪質にあうカラーリング剤を使用することで、痛みを最低限に抑えることができるのです。

■カラーリング剤の種類を知ろう

カラーリング剤には、主にヘアカラーや白髪染め等の永久染毛剤・カラートリートメント等の半永久染毛剤、脱色剤、一時染毛剤の4つに分けられます。
美容室で行うカラーリング剤の多くは永久染毛剤と呼ばれるものですが、肌の弱い人はかぶれの原因になることがあります。

また、髪への負担が気になるという方も少なくありません。
半永久染毛剤は、上記のものほど刺激が強くはなく、髪への負担も比較的少ないですが、色落ちが早いのが難点です。

■髪質に合うカラーリング剤を選ぼう

髪質は、人によって大きく違います。
カラーリング剤は、少なからず肌や髪へ負担がかかるため、自分の髪質を事前に把握しておくことが非常に重要です。
特に肌の弱い人でなくても、カラーリング剤使用後にトリートメント等でヘアケアすることをオススメします。
ヘアケアをすることで、髪へのダメージを極限まで抑えることもできると言われています。
なりたい髪を目指すためにも、サロンと相談しながら、カラーリング剤を選びましょう。

Share.

About Author

Leave A Reply