内向的な人の会話パターンに学ぶ、「私の話したいこと」

0

内向的な人であるほど雑談が盛り上がらないという傾向にあるようです。
他人とたわいもないことを話すよりも、自分の考えていることや、他人とのつながりを感じられる会話に比重を置いているので、何でも話せる雑談が苦手なのです。
では内向的な人と会話を弾ませるためには、どんな会話が効果的なのでしょうか?

■自分視点の世界やプライベートなこと

個人的な会話になると、内向的な人はたくさん会話をしてくれます。
それは将来のことだったり、今まで経験してきたこと、昨日の夢、人生の目標などです。
今話している人に正直な自分の気持ちを知ってもらうことで、安心感と信頼を得ようとしているのかもしれません。

■興味をそそられる事柄について

自分の好きなものの話し、相手の好きなものの話など自分や人が興味を持っている事柄に対しての話しを聞くのが好きな傾向にあります。
話しが進むうちにコアな世界に入りこむことがありますが、内向的な人にとってはソレが何よりも心地よく、またその人と共通点を探すきっかけになるのです。

内向的な人の会話が弾まないからといって、その人の世界から完全に遮断されているというわけではありません。
むしろ一生懸命に繋がりを見つけようとしてくれていることもありますから、これらの会話を糸口に仲良くなられてみてください。

Share.

About Author

Leave A Reply