人に伝わる書類と、カラーの有効的な使い方

0

仕事で資料を制作する人も多いでしょう。
伝わりやすい資料を制作するためには、いったいどのような方法が効果的なのでしょうか?

■カラー選びが重要

白黒ではなくカラーで作成することで、伝えやすい資料を作り出すことができます。

適当にカラーを付けるだけでは見にくくなり、思いを伝えることは難しくなります。
なので、コントラストやグラデーションを大切に作成することが大切となります。

■カラーの種類について

カラ―には彩度と色相があり、大きく分けると4つに分類されます。
彩度…原色、パステル
色相…寒色、暖色
となるので、
原色・暖色系…赤、オレンジ、黄色など
原色・寒色系…青、緑、紺など
パステル・暖色系…ベージュ、ピンク、ゴールドなど
パステル・寒色系…水色、薄緑、薄紫など
と分けられます。

■コントラストとグラデーションについて

資料の中で対比をしたい場合にはカラーによってコントラストを付けると有効的です。
原色と暖色系でコントラストを作る場合には赤と緑を選択し、原色と寒色系でコントラストを作るためには黄色と青を選ぶことでわかりやすくなるのです。

作業の流れなどを表現する場合にはグラデーションを使うといいでしょう。
原色と暖色系では黄・オレンジ・赤を使い、パステルと寒色系では薄緑・ライム・濃黄などを使用すると、美しい見た目となり見やすくなります。

Share.

About Author

Leave A Reply