相手に分かりやすい資料を作るコツ

0

わかりやすい資料を作成することで、内容を深く相手に伝えることができます。
どうしたら伝わりやすい資料を作成できるのか、紹介していきましょう。

■いらない情報は資料に含まない

読む側に伝わりやすい資料を作成するためには、関係のない情報は載せないことが大切です。
グラフや表など作成したけど、あまり必要ない場合でも折角作成したので載せておいたりすると、それが邪魔となり見にくくなってしまうのです。

関係のない情報は潔く削除することで、スッキリとなり見やすい資料に変わることができます。

■文章は簡潔にする

文章をダラダラろ書き続けることで、読む側にとっては見にくい資料となります。
良い部分を相手に伝えたいがために、詳しく内容を記載するのですが、それが仇となり見えにくくなってしまうので、できるだけ簡潔に書くように心がけましょう。
に箇条書きにするだけでも、大きな違いがあるでしょう。

■装飾にも注意が必要

資料作成では図形やグラフ、影や線などを付けて表現していきますが、装飾が多いことでも見えにくくなってしまうのです。
全てを違う色にしたり、矢印の形を違うものにしたり、フォントを多く変えることで、違う意味があるのかと相手は解釈して戸惑ってしまうこともあるのです。
同系色でまとめて線や影もむやみに使わないことで、シンプルな資料となり伝わりやすくなります。

Share.

About Author

Leave A Reply