今日からアンチエイジング!シミのメカニズムを知ろう!

0

肌トラブルの中でもシミの悩みを抱える方がたくさんいらっしゃいます。
そもそもシミはなぜできるのでしょうか?
シミのメカニズムを知って、正しいアンチエイジングを始めましょう。

 

■シミはメラノサイトの活性化が原因

シミの原因はメラニンが異常に増えることが関係しますが、このメラニンはメラノサイトと呼ばれる色素細胞から生成されています。
メラノサイトが何かしらのダメージを受けることで活性化し、それによりメラニンの生成は増えてしまうのです。

 

■メラノサイトが活性化する原因

・紫外線
紫外線は波長により種類がありますが、メラノサイトを刺激する紫外線は波長が短く肌へ直接のダメージを与え、皮膚細胞のDNAを傷つける「UV-B」です。

紫外線を浴びる体は細胞を保護するために、メラノサイトを刺激してしまいます。
皮膚細胞のDNAが傷付いた状態のままだと、シミになってしまうのです。

・活性酸素
活性酸素は体の有害物を排出するものですが、過剰に増えると体に様々な悪影響を及ぼします。
その活性酸素を排出する際にメラノサイトを刺激するホルモンが分泌されてしまうのです。
活性酸素が増える原因はストレスや飲酒、禁煙、添加物、睡眠不足と様々あります。

・炎症
ニキビ跡などの皮膚への炎症もシミとして残ります。
新たに細胞が生成されるのと同時にメラサイトも活性化されるので、メラニンの生成が増えてしまうのです。
炎症の原因には他にも摩擦や日焼け止め、刺激が強すぎるケア商品などがあります。

Share.

About Author

Leave A Reply