部下と良好な関係を築くために、上司がするべきこととは?

0

会社の部下と上司として関係がうまくいくことで、社内での仕事が円滑になるなど、上司との関係を良好にしておくようにしましょう。
その中でも上司がするべきことはなんでしょうか?

■部下の話をよく聞く

部下が仕事の相談などをしてきたときに、パソコンの画面をみたままであったり、何かしながら話を聞いていませんか?
部下は上司にこのような態度を取られていると、話を聞いてもらえないと感じたり、無視されているかのように感じてしまいます。
作業の手を止めて、目線を合わせて話を聞くようにしましょう。

■人前で叱らず、人前で誉める

部下が失敗してしまった場合、人前で叱ったりすることは辞めましょう。
人前で叱ってしまうと、面子をつぶされたと感じてしまい、今後のやる気を失わせてしまうかもしれません。

また、人格を否定するような叱り方もせず、ミスを指摘して改善例も一緒に話すと相手に伝わりやすくなります。
これにより、上司と部下の関係もギクシャクすることなく、何が悪かったのか相手に伝わり改善されていきます。
そして、誉めるときは人前で何が良かったのか具体的に褒めるようにしましょう。
プラスの言葉をかけてあげることで、部下のやる気がアップするだけでなく、お互いがさらに頑張ろうという気持ちになっていきます。

Share.

About Author

Leave A Reply