夜間でも株取引が可能なPTSとは

0

PTSとは証券会社の私設取引システムのことです。株式市場が開いていない間も株の取引が可能なことが特徴で、夜間取引などに利用されることが多くなっています。企業の情報開示に敏感な人が利用することが多く、翌日の株価の参考になるケースが多いのです。

■PTSが利用できる証券会社はごく一部

PTSは証券会社が独自に開設した株取引のシステムです。特定の証券会社に口座を持っている人だけが売買に参加できるのが特徴で、一般市場よりも売買に参加できる人が限られます。

ポイントになるのが一般市場が閉まったタイミングで決算情報などを開示する企業が多いことです。PTSは翌日まで取引が待てない人の売買が集中し、翌営業日の値動きの参考になるケースがあるのです。

■参加者が少ないため値幅が極端になることも

PTSは良いことばかりではなく、株価の偏りが生じやすいのも特徴です。株を売りに出す人自体が限られるだけでなく、購入したい人も限られます。そのため株価が極端に偏るケースも多く、結果として高値掴みになることもあるのです。

欲が出ると冷静さを失い、損失を出しやすくなるのが株取引です。無理にPTSに参加できる証券会社を選ばないのも方法で、自分のポリシーで利用を決めた方が良いのです。

Share.

About Author

Leave A Reply