脚のむくみはなぜ起きる?考えられる原因とは…

0

立ち仕事やデスクワークだと脚がむくみやすくなるという方も多いでしょう。
なぜむくみが起きてしまうのか、その原因をご紹介します。

 

■血液の流れが問題

血液は心臓の動きにより全身へ循環し、水分や栄養を体内へ供給しています。
同時に細胞内でいらなくなった水分が静脈やリンパ管へ返還され、再度体を循環していくのです。

ところが静脈やリンパ管の流れが悪くなると水分が溜まってしまい、溜まった部分がむくみとしてあらわれます。

 

■むくみになる原因とは?

・長時間立った状態

長時間立った状態は、重力の影響で血液が足元に溜まりがちです。
そうなると静脈の圧力が高くなるので、水分が戻りにくくなります。

・運動不足
運動不足により筋肉が衰えると、血液の循環が悪くなってしまいます。
それにより水分が溜まってむくんでしまうのです。
しかも、筋肉の衰えは足先まで血液が流れにくく、冷え性にもなりやすいです。

・水分や塩分の摂取
水分や塩分の過剰摂取は、血液へ余分な水分を与えてしまいます。

・静脈、肝臓、腎臓の病気
静脈弁が傷付くと血液が逆流してしまうため、血液が足に溜まりやすくなってしまいます。
そして、肝臓は水分保持に欠かせない血管にあるアルブミンを生成しますが、肝臓が病気などの原因で機能低下を起こすと、生成が少なくなり、水分が血管外から漏れてしまいやすくなるのです。
そして、腎臓も病気で衰えていると、余分な水分の排出が艱難になります。

Share.

About Author

Leave A Reply